こんにちは、マルヤス商事株式会社です。

弊社で行っている仕事の1つに耐震補強工事がありますが、皆様はなぜこの工事が必要かご存知でしょうか。
今回はその理由を簡単にご紹介しましょう。

地震への対応基準は何度でも変わる

「大きな地震にも耐えられるようにでしょ」
最初の問いにこう考えられた方もいらっしゃるかもしれません。
もちろんその通りですが、もう1つ「建築基準法に対応するため」という大事な理由があります。
この法律が制定されたのは1950年、過去の震災被害を教訓にして、次の地震で建物の倒壊を防ぐためにつくられました。
制定されてからは、数々の地震を経ることで1981年の大幅な改定以降、改正が幾度となく行われています。

にもかかわらず、改正前の基準で取り残されている建物はまだ日本中にたくさんあります。
これでは、来る首都直下型地震をはじめとした様々な大地震に対応できません。

少しでも建物の倒壊による被害者を減らすには、現在の耐震基準に合わせることが必須なのです。

ビル・マンションの耐震補強工事はマルヤス商事株式会社


私たちも、この基準に則りビル・マンションの耐震補強工事を行っています。
もちろん、建物本体だけでなく、非構造部材や設備関係など、様々な規模に対応しています。
これからの震災に備えようとお考えのオーナー様は、工法の提案から施工管理まで一貫対応のマルヤス商事株式会社にご相談ください


マルヤス商事株式会社
耐震補強工事や外壁補修工事、塗装工事などを承ります!
〒143-0013
東京都大田区大森南1-23-7
電話:03-6909-5025